2017年10月14日 (土)

2017年 春 ・ 帰京旅の食 - 札幌 ~ 定山渓

Rimg0019_2

今年の4月に 帰京した際の、食の旅日記を

半年も経ってから アップするなんて

さぞかし、内容も 熟成されていることだろう ・・・ って・・・

 

いやいや、記憶が 大いに薄れているので

カスカスの内容に なる気がして ならないのだなぁ ヾ(;´Д`A

 

 

ま、取り合えず 行ってみよう。

 

 

上の画像は、札幌で 久しぶりに土higeさんと会った時の 昼食。

確か、駅地下の お店で頂いたのだった。

 

 

 

 

 

Rimg0020_2

花mameは、海鮮あられ丼セット。

クリームコロッケも付いていた、結構 ボリューミーなもの。

 

 

 

 

 

Rimg0021_2

土higeさん注文の、確か 海老天丼セットだったかな。

何かね、思ったより 小ぶりな丼だった。

花mameの海鮮丼と 比べるからかなぁ。

いや、撮影した距離は 同じくらいよ?

お盆の大きさが 変わらないでしょう。

 

まま、美味しく頂いたし、お腹も満たされたので、良かりし 良かりし。

お宿へと 向かいます。

 

 

 

 

 

 

Rimg0032_2

お宿は、定山渓温泉の 「 ホテル山水 」。

 

ウエルカムスイーツ & お茶。

ゴーフルのような お菓子だった。

うまし♪

 

 

 

 

 

Rimg0082_2

さぁ、夕食だ。

めちゃっめちゃ 豪華shine

 

 

 

 

 

Rimg0083_2

毛ガニ。

そのまんま 出してくれても、カニ解体職人がいるので いいのだけれど

お宿では、食べやすいように して出してくれるよね。

 

 

 

 

 

Rimg0084_2

色んなものが 所狭しと並ぶ お膳。

もう半年も経つと、記憶も かなりアヤシイのだけれど。

 

空いているところには・・・

 

 

 

 

 

Rimg0087_2

ツブ、他 が やって来た。

 

 

 

 

 

Rimg0088_2

白和え だったかな。

とってもクリーミー。

 

 

 

 

 

Rimg0089_2

お造り。

ツブが 北海道らしいところかな。

 

 

 

 

 

Rimg0090_2

えーと、ニシンとツブのマリネ だったような。

 

 

 

 

 

Rimg0091_2

茶碗蒸しの上に 焼き魚。

お魚の名前も 聞いたはずなんだけど、もう すっかり失念 (;´д`)トホホ…

 

 

 

 

 

Rimg0092_2

天ぷら。

確か、珍しいところでは、行者ニンニク。

 

 

 

 

 

Rimg0093_2

お吸い物。

中の白いのが、何かの お魚だったんだけどなぁ。

 

 

 

 

 

Rimg0094_2

海老天のしっぽで作った こいのぼり。

なぜかは・・・ 本館 にて。

 

 

 

 

 

Rimg0095_2

さぁ、解体してあった毛ガニも、職人は 裁かずに いられないのだな。

花mameは、ひたすら 口に運ぶだけ~♪

カニ酢が うましだった。

 

 

 

 

 

Rimg0096_2

デザートは、オレンジと お汁粉。

どちらも お互いのお味を 引き立て合うよね。

 

 

一番上の画像に、お鍋があったのだけど、

こちらの お料理は 温かいものは温かく頂けて、とても うましなのだ。

あぁ、記憶が ハッキリしているうちに、アップすれば

もっと ちゃんとしたコメントを 書けるのに・・・

山水さんの料理長さん、申し訳ない!

ただ、本当に どれも美味しかったのだ。

 

 

 

 

 

» 続きを読む

| | コメント (10)

2017年10月12日 (木)

修善寺の旅の食 - 朝食 ~ お帰りの車内 -

Rimg0136

さか屋さんの 朝食。

朝から うどんすき鍋、もちろん 白いご飯も付いている。

炭水化物祭りだ ( ̄▽ ̄)

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rimg0137

干物や蒲鉾などの練り物を 焼きながら。

他にも、おかずが いっぱい!!

 

これで、もう一日 何も食べなくてもいいんじゃないか?

ってくらい 満腹に。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

» 続きを読む

| | コメント (4)

2017年10月10日 (火)

修善寺への旅の食 - 駅弁 ~ お宿 -

Rimg0080

今更だけれども、昨年11月末に行った 旅の食の記録を。

 

まずは、お約束の 駅弁。

「 みかんブリの西京焼き弁当 」 と 「 焼き鯖ずし 」。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rimg0082

焼き鯖ずし。

この色味、お味は間違いなし!

うまし うまし♪

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rimg0083

みかんブリの西京焼き弁当。

西京焼きに してしまうと、

みかんブリの風味が わからなくなってしまうと 思うのだけど・・・。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

» 続きを読む

| | コメント (8)

2017年10月 5日 (木)

お月見

Rimg1267

お月見の夜なのに、お月見らしい食は 用意しなかった我が家。

お月様にも、お団子を供えることなく、

北海道名物 「 いもだんご 」 を お腹に収めてしまった。

 

別名 「 芋名月 」 とも言うし、

「 いもだんご 」 であっても、供えてあげれば良かったなぁ。

いもだんごを収めた お腹も 月見をしたと言うことで、

お月様には お許し願おう。

 

さて、画像のものは、先日 お迎えした お客様から頂いたもの。

白鷺宝 」 と言う 和菓子。

餡を ミルクなど 様々なフレーバーの衣で包んだ 一口サイズのお菓子。

 

その中に、

 

 

 

 

 

Rimg1268

こんな 可愛らしい一品が (◎´∀`)ノ

 

月に ウサギは欠かせない、と言うことで♪

| | コメント (8)

2017年9月27日 (水)

水曜日には

Rimg0437

ネコを飲む beer

| | コメント (6)

2017年9月10日 (日)

アスパラ ・ パラパラ

Rimg0416

またもや、過去のこと。

 

今年の 5 ~ 7月 にかけて、雪崩式に アスパラが届いた。

 

一箱など、生ハムがセットされていると言う サービスぶり。

各お店では、他との差別化に 力を入れているのかもしれないなぁ。

 

今年も 軒並み 太くてジューシーなアスパラばかり。

北海道さん、ありがとう!

 

画像は 恒例のアスパラの春巻き。

これは、この太さ あっての 美味しさなのだな。

 

作り方は、きわめて簡単。

アスパラの皮の 硬い部分を ピーラーで削いで

春巻きの皮に包んで 揚げるだけ。

塩で召し上がれ♪

 

今年は、アスパラを こよなく愛する 土higeさんの仕事仲間を お呼びして

アスパラパーティーを 催した。

 

アスパラのサラダ、スープ、春巻き などなど。

料理は、アスパラ以外にも あったけれどもね。

 

で、↓ これは 箸休め的に、と言うか 何と言うか ・・・ 。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rimg0442

一応、「 アスパラ 」 パーティー と言うことで ( ̄▽ ̄)

| | コメント (12)

2017年9月 9日 (土)

いつぞやの旅の食

Rimg0237

過去の旅記事ついでに、

2年くらい前の 冬の帰省時の食を。

 

羽田空港で購入した 「 空弁 」、

ヨシカミの 「 ロースカツサンド 」 と、「 穴守 おこわいなり 」 。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rimg0238

いなりは、小さめで 具材が色々で楽しいし、

ロースカツも、うまし うまし。

 

どちらも、片手で パパッと食べられるので お手軽な お弁当。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rimg0278

これは 確か、旭川で食べたものだった。

「 天金本店 」 と言う お店の ランチ定食のひとつ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rimg0279

天地が逆の こちらが、土higeさんのだな。

 

ホントに!

アップしようと思うんだったら、

記憶が定かなうちにしようね @ 花mameさん。

 

 

この天金は、昔々から やっていて 間違いのない お店。

上の お食事は どちらも、とっても うまし!だった。

 

ちなみに、「 居酒屋 天金 」 とか 「 らーめんや天金 」 とか

「 リストランテ 天金 」 なんてのも ある。

 

居酒屋も 新鮮な食材で 美味しい お料理を出しているし

ラーメンは、袋入りの生麺が出ていたりするほど 有名だし

行ったことはないけれど、リストランテも 期待出来そう。

機会があれば 行ってみたいものだわ restaurant 

| | コメント (2)

2017年9月 8日 (金)

帰省旅 - 2016秋 ・ S北斗の中 ~ 札幌 -

P9140446

前日に来たのと 同じ列車にて、今度は 札幌を目指す。

途中、何度も

「 おしゃまんべ名物の もりそば 」 を 長万部で積み込むので

是非 食べてほしい旨、車内アナウンスが かかるので

ひとつ所望してみた。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

P9140448

こんなんだった。

みかんの入っているカップに そばつゆを 移し、

うずらの卵も割入れて 食すのだなぁ。

それにしても、ワサビと唐辛子の 両方が付いている。

好みを入れれば 良いのか、

長万部的には、両方 入れるものなのか ・・・ 。

そして、なぜ みかん?

汽車旅と言えば、冷凍みかん だから??

 
 
 
 
 
 
 
 
 

P9140447

ペット茶にも 新幹線。

良かったよね~ 待望の新幹線が来て 、うんうん bullettrain

 
 
 
 
 
 
 
 
 

P9140450

いきなりの お菓子だけど、

この 「 あずき衣 」 と言う お菓子は

「 一心堂 」 さんと言う、洞爺の お菓子屋さんで 購入したもの。

あんこを 薄い羊羹で包んである。

思った程の 甘々ではなかったと 記憶しているけれど。

なぜ、小豆もの ( 餡 ) を小豆もの ( 羊羹 ) で 包もうとしたんだろう。

地元の お菓子って、面白いものが 多かったりする。

 

ここでは、他に、蜂蜜カステラと言うのも 購入。

美味しい カステラだった。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

» 続きを読む

| | コメント (2)

2017年9月 7日 (木)

帰省旅 - 2016秋 ・ 青森 ~ 洞爺 -

P9130280

青森の朝食。

ホテルは 朝食付きではないので、

近くのコンビニで買って来た 「 いがめんち 」 を 挟んだパンと

前日に アスパムで買った、リンゴジュースで 済ませる。

 

我が旅は 豪華料理の食事あり、こんなシンプルな食事あり。

何事も バランスが大切 ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

P9130294

さて、新幹線の中。

何せ、1時間4分。

駅で買った リンゴジュースを飲んでいるうちに

函館新北斗に 着いてしまった。

 

 

 

 

 

P9130319

で、ランチには少し早い 11時過ぎ。

駅のカフェのテイクアウトで、小腹を満たす。

何せ、朝が 朝だったからね。

 

土higeさんは、サッポロクラシック  beer

花mameは、コーヒー cafe

つまみは、サラダ系だったと思う ・・・ 1年前なので 記憶がアヤシイ。

 

 

 

 

 

P9130329 

さてさて次は、札幌方面行きの列車に乗り込み、本格的に 昼食。

駅の売店で、駅弁を 買ってあったのだよ。

 

 

 

 

 

P9130330

ひとつは、山海ほたてめし。

北海道の 山の幸、海の幸ですよ。

 

 

 

 

 

P9130331

函館浪漫ハイカラ弁当。

ハイボールと から揚げが無くても、ハイカラなのだ。

海の幸 海の幸 海の幸 山の幸 だぁね。

 

うましっ!!

 

そんな うまうまを食べているうちに、降りる駅 「 洞爺 」 に 到着。

 

 

 

 

 

» 続きを読む

| | コメント (4)

2017年9月 4日 (月)

珍しく クッキングのこと

Rimg0421

ちと、「 2016 帰省旅 」 は ブレイク。

春先から初夏くらいの クッキングについて。

 

「 ぴーなっつぺーすと 」 は、最近の お気に入り。

「 無糖 」 なので、ちょっとだけ蜂蜜を加えて 使っている。

今回は、無糖のまま 使用。

 

「 花豆あん 」 と 「 ほおずきジャム 」 は

今年の誕生日に、友人から 贈られたもの。

 
 
 
 

Rimg0420

土higeさんが焼いた 薄いパンに、好みでつけて食べる。

うまし。

 

花豆あんも ほおずきジャムも、甘過ぎず、いい お味♪

 

 

 
 
 
 

Rimg0422

これも、お気に入りのサラダ、スルフォラファンと ミニトマト。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rimg0516

珍しく、手をかけた トマトソースパスタ。

 

ニンニク、タマネギ、缶入りトマトを炒めてから ミキサーでガーッと回す。

鍋に戻し入れ、固形スープの素、塩コショウで 味を調える。

茹でたパスタにかけて、ニンジンの葉を飾る。

パセリが無かったので、代用。

 

ランチには、このくらいの物で 良いのだ。

 

 

 

 

 

Rimg0531 

鯖の南蛮漬け。

それ用の鯖が 切り身で売っていたので、

片栗粉を付けて 揚げ、

砂糖、酢、醤油、みりんで作った 合わせ酢に

タマネギ、ニンジン、鷹の爪を加えて 揚げた鯖を漬けておく。

30分も漬けたら 食べられるかな。

 

 

 

 

 

Rimg0514

キャベツを ひたすら切り刻む。

そして、お麩の生姜焼きに添える ( ̄▽ ̄)

 

車麩は、水につけて 戻しておき、かたく絞って

擦ったショウガ、醤油、酒、みりんで作った液に 浸しておき、

軽く小麦粉を まぶして焼く。

意外と 美味しいよ。

| | コメント (8)

«帰省旅の食 - 2016秋 ・ 山形~仙台~青森 -