2017年4月21日 (金)

春のお菓子

Rimg0016
 
我がイナカの お菓子屋さんで 売り出している、今月の和菓子。
 
 
 
手前は、桜餅のようでいて、必須アイテムの桜葉ではなく、
 
桜花の塩漬けが乗っている、「 桜道明寺 」 と言う名前だったかな。
 
お味は、ほぼ桜餅だけれど、桜花が華やかさを演出している。
 
 
 
 
奥は、「 べこ餅 」 。
 
北海道の端午の節句には 欠かせないお菓子なのだ。
 
それなのに、なぜ 今月の和菓子なんだろう??
 
これは 今月の和菓子では なかったのかな (;´▽`A``
 
べコ餅については、確か 前にも記事にしていたはず ・・・ 。
 
コレコレ だ。
 
何だか しつこくも 記事にしているなぁ。
 
そんなに 「 べこ餅 」 推しなのか ・・・ 自分。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0029
 
こちらは、ご存知 「 石屋製菓 」 の 「 美冬 」 。
 
期間限定 ( 出たなぁ~ ) の 「 さくら 」 なのだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0030
 
美冬らしい 感じの蓋に、桜らしい ピンクの お箱。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0031
 
いつもの サクサク ミルフィーユの間には 桜味のクリーム。
 
それを ホワイトチョコレートで コーティングしている。
 
これは、女子受けする お菓子だと思うわ cherryblossom

| | コメント (6)

2017年4月20日 (木)

冬限定カフェ

Rimg0005_3
 
友人の1人に教えてもらった、
 
冬限定で 週末限定のカフェに、ドライブがてら 行って来た car
 
 
 
なぜ 冬限定かと言うと、
 
初夏から秋にかけては 農作業が あるからだそう。
 
 
カボチャを主に作っているようで、
 
売り物にならないカボチャを使って、カフェメニューを出している。
 
 
 
画像は、カボチャシチューと 塩パンのセット、600円だったかな。
 
食後にはコーヒー 「 トアルコトラジャ 」 。これは 350円。
 
お安い上に、さすが 農家さんのカボチャ、うまし うまし ♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0006_2
 
オーナーさんと お話をしているうちに、
 
カボチャピザの存在を知り、注文。
 
カボチャそのものが 甘いのだけど、
 
ちょっとだけ メープルシロップが かかっている。
 
デザートピザの範疇かな。
 
カボチャが美味しいのだから、これも うまし うまし ♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0007
 
違う日に もう一度 行ってみた。
 
この日は、仕込んだカボチャが 全て出てしまったとのこと、
 
カレーライスを頂く。
 
農家さんの野菜だから、もちろん コレも うまし うまし ♪
 
 
お天気の良い日に、窓際の席は 気持ちが良い。
 
サンキャッチャーが キラキラと綺麗だった shine
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

» 続きを読む

| | コメント (4)

2017年4月13日 (木)

稚内にて

P10901042
 
本館との リンク記事。
 
1月、まだ土higeさんが いた時に、稚内まで行ってみた。
 
 
稚内は港町なので、海鮮が美味しいに違いない、と思ったのだけれど
 
色々な事情が重なり、着いたのが 14時過ぎ。
 
普通の お食事処は、ランチタイムを終えている時間。
 
 
いつものように、観光案内で聞くと、
 
ここだけは休憩時間なしに やっているから、と 勧められ来たのだが。
 
 
 
 
だけど そこは、事前に 土higeさんが調べて、
 
お昼は是非ここで、と 食いついていた所なのだけれど
 
すぐに、行く日には 「 休業日 」 だと知って 諦めていた所なのだった。
 
 
 
 
でもね、観光案内で紹介してくれたんだから
 
ひょっとしたら やってるかもよ?
 
 
 
 
なんて、一縷の望みを持って行ったけれど、やっぱり休み。
 
 
そりゃそうだ、
 
水産加工場に 隣接しているとのこと、
 
市場とか 工場って、日曜日は 休みだもん fish
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0007
 
休みでなければ、こんな豪華なランチだったはずなんだ。
 
あ、お店の名前は 「 うろこ亭 」 と言います。
 
画像は、北海道情報誌 「 HO ( ほ ) 」 の 「 うろこ亭 」 記事から。
 
 
 
 
まぁ、これも 行きあ旅ばっ旅の、ある意味 醍醐味。
 
これを宿題として、また行くことにしよう。
 
 
 
で、すきっ腹を抱えて 寒い中、食事処を探して 歩く 歩く ・・・ 。
 
 
 
あぁ、日本の最北端の街で 冷たい風の吹く中、空腹で 歩き続けると
 
きっと 凍えて 永久に眠ってしまう ・・・ 。
 
そして、何百年か何千年か経った時に マンモスのように掘り出されるのだ。
 
 
 
 
 
いや、その前に 警察沙汰だな ・・・ 。
 
そして、新聞沙汰だ。
 
 
 
 
ラッキーなことに、そうなる前に
 
ひとつの建物の中に、
 
小さな食堂 「 おむすび島 」 と言う場所を見つけることが出来た。
 
よかった よかった。
 
 
 
そこで 遅い昼食。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

» 続きを読む

| | コメント (6)

2017年4月12日 (水)

機関車サブレ

Dsc_2219
 
北海道の お土産として購入した 「 機関車サブレ 」 。
 
 
 
十勝トテッポ工房 の店舗脇の遊歩道 「 トテッポ通り 」 には
 
古くは、小さな蒸気機関車が 砂糖の原料となるビートを運んでいました。
 
現在、その蒸気機関車は 帯広市の有形文化財に指定されています。
 
機関車を かたどったサブレには、ほんのり甘い ビート糖と
 
北海道産の発酵バターを たっぷり ( 11,8% ) 使用。
 
菓子王国 ・ 十勝らしく 原材料に トコトンこだわりました。
 
 
↑ JRの特急に置いてある冊子に こんな説明書きが あった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2218
 
発酵バターだけではなく、小麦粉も 北海道産使用。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0001  
 
こちらは、ショコラバージョン。
 
 
土higeさんは、見るたび 「 ウサギに見える 」 と。
 
 
 
でも、機関車好きの方の為の、
 
北海道土産としては いいのではないかなぁ、と 思うわ。

| | コメント (7)

2017年4月 8日 (土)

春の味

Rimg0018
 
本館にも 書いたのだけれど、
 
昨日、山の方へ ドライブに行ったついでに
 
フキノトウを 採って来た。
 
まだ、苞で 花が隠れた状態だったので
 
軽く洗って 開いてみた。
 
儚げな苞と、みっちり詰まった花。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0021
 
で、このまま 天ぷらに。
 
ほろ苦き 春の味。

| | コメント (10)

2017年4月 1日 (土)

ホルモン

Rimg0048

我が家では、ジンギスカンを よくするのだけれど、

時に、その前には 塩ホルモンなどを 焼くことがある。

好き嫌いは あるだろうけど、身体には 良さげなタンパク質だ。

 

子どもの頃から、どうして 「 ホルモン 」 と言うのかと 不思議だったが

内分泌のホルモンからの名称で、ホルモン分泌を促進するのだとか、

ウィキに載っていた。

 

でも、「 ガセ 」 として 伝えられていた、

「 ほうるもん ( 放る物 = 捨てる物 ) → ホルモン 」 説の方が、

何となぁく、ストンと 落ちる気がするのだよなぁ。

| | コメント (10)

2017年3月25日 (土)

いただきもの

Rimg0014_2
 
本館とのリンク記事。
 
 
 
今月の上旬に、誕生日を迎えた。
 
また 無駄に 年を取ってしまった ・・・ 。
 
もう これからは、年を 「 取る ( 加える )」 のではなく、
 
「 取って ( 減らして ) 」 行きたいものだと 思う。
 
 
 
 
                         出来るものなら、ね ・・・ 。
 
 
 
 
 
 
 
色々な贈り物を頂いたので、記憶の為に 載せておこう。
 
 
 
 
 
上の画像は、土higeさんから送られて来たものの ひとつ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0001_5
 
表側は 名前が光って うまく写らなかったので、後ろの部分で ご紹介。
 
「 飛騨牛カレー 」 と 「 美濃ポークカレー 」 。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0002
 
先日、2種類を 食べ比べてみた。
 
ビーフは ビーフ、ポークは ポークらしい味だったが
 
どちらも、やはり 他所のカレーの味。
 
カレーって、レトルトも ルウも たくさん出ているし、
 
お店も たくさんあるけれど、本当に 味は様々だ。
 
その上、それぞれの家庭で、それぞれの味が あるのだから
 
カレーの味と言うのは、星の数より 多いのかもしれない。
 
 
どうも ご馳走様でした heart
 
 
しかし、どうして レトルトカレーなんだろうね?土higeさん。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0007_2
 
こちらは、東京の友人から 贈られたもののうち、食部門の品。
 
松本に行って来たとのこと、そこの お土産だそう。
 
さすが、友人、「 国産 花豆あん 」とは、わかっていらっしゃる ( ´艸`)プププ
 
そして 「 コラーゲン入り 」 しいたけ茶だものね。
 
どうも ありがとうでした heart
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0009
 
こちらは、少し離れた町に住んでいる 友人から。
 
道北に 「 クッチャロ湖 」と言う湖が あるのだけれど、
 
今時期、ここには白鳥が来ているそうで、見に行って来たのだとか。
 
その町で 評判の最中なので、と 送ってくれた。
 
彼女曰く、「 誕生日ケーキの代わりには ならないけれど 」。
 
ふふ、「 誕生日最中 」 でも いいじゃないの (◎´∀`)ノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0011_1
 
松の実最中 と 牛乳最中。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0012
 
どちらも 中には、餡が ギッシリ。
 
松の実の餡は、小豆の香り高く、
 
牛乳の方は、ホントに濃厚なミルクの香りがして 美味しかった。
 
ご馳走様でした heart
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0019
 
誕生日当日を過ぎてから なのだけれど
 
隣町のイトコから キレイなパッケージで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0020
 
国産紅茶が 送られて来た。
 
これは、今飲んでいる紅茶を 飲み終えてから
 
開けて飲むことにしよう。
 
 
 
こちらも、ご馳走様でした heart
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

» 続きを読む

| | コメント (8)

2017年3月22日 (水)

彼岸おはぎ

Rimg0009_2
 
気が付けば、明日が もう彼岸明け。
 
今年も中日に おはぎを作ったので、今回は その過程を ご紹介。
 
 
 
ちなみに、この食べ物、春と秋で 呼び名が違うのは 周知のこと。
 
春は 牡丹の花に ちなんで、「 ぼた餅 」 。
 
秋には 萩の花に ちなんで、「 おはぎ 」 。
 
 
 
タイトルが 「 彼岸おはぎ 」 のワケは、
 
我が地元では、春であれ、秋であれ、「 おはぎ 」 と 呼んでいることと、
 
俳句の世界のことだけれど、「 彼岸 」 と言うのは 「 春の彼岸 」 のこと。
 
そんなわけで、タイトルを 付けてみた次第。
 
 
 
 
 
さて。
 
もち米が炊き上がったら、すりこぎで 半殺しにする。
 
 
 
         いつも思うけど、料理用語って 物騒なコトバが
 
         まま、あるね。
 
         切ったの、張ったの、半殺しの ・・・ ってね。
 
 
 
 
 
それを、適当な大きさに 丸めておく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0010  
 
いつもは こし餡なのだけど、今回は つぶ餡。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0011
 
そのつぶ餡を、適当な大きさに切った ラップの上に広げる。
 
 
 
下には、汚れ防止の為、新聞を 敷いてある。
 
道民の心の新聞、北海道新聞、略して 「 道新 」 。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0012
 
その上に、丸めた団子を乗せて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0013
 
ラップごと、クルッと 巻きつける。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0014
 
足りない部分に 餡子を伸ばして、
 
おハゲな部分は、鍋から足して 馴染ませて 出来上がり。
 
 
 
プロの方や 上手な方は、
 
鍋の中で、丸めた団子を コロコロッと 転がして
 
餡子を 付けて行くのだけれど
 
我が家では、いつも この方法。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0016
 
丸めた団子が 大きかったのか、付けた餡子が 厚かったのか、
 
今回の おはぎは、ちと 大きかったな。
 
 

| | コメント (2)

2017年3月17日 (金)

にしん漬け

Rimg0007
 
ここ4回程、甘い物が 続いたので、
 
そろそろ、しょっぱい物が 欲しくなって来た頃 ( ´艸`)プププ
 
と言うわけで、今日は 漬物。
 
 
 
北海道では、秋に 様々な漬物を作り、冬の間に食べる家庭が多い。
 
だんだん 市販でも手に入って来るようになったので
 
実家でも 漬けなくなってしまったけれど
 
その家庭 その家庭の 味があって、あげたり もらったりも 楽しいものだった。
 
 
 
画像は、にしん漬け。
 
大根、キャベツ、人参などの野菜に、身欠きニシンを 加えて漬ける。
 
これが、北海道の にしん漬け。
 
 
 
ちと調べてみると、東北だけでなく、京都でも 漬けるのだなぁ。
 
確かに、お漬物と言えば 京都、と言うイメージがある。
 
 
 
 
冬の間は、物置に 毛布などをかけて保存しておき
 
食べる時に 取りに行ったものだが
 
何せ、マイナス10 ~ 20度以下にもなる お土地柄ゆえ
 
桶の中の漬物たちは、氷の中。
 
ビニールの手袋を通して、
 
その冷たさは 痛みとなって 骨の髄にまで染みるよう。
 
冬場の漬物には、そんな ツライ思い出がある。

| | コメント (4)

2017年3月16日 (木)

カタラーナ

Rimg0031
 
とあるブログで拝見した、「 カタラーナ 」 と言う 洋菓子。
 
気になっていたところ、生協のカタログで 見つけてしまった!
 
 
 
これは 買うしかない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0032
 
冷凍のまま、カットして食べるも良し、解凍して食べるも良し、
 
とあったので、まずは 冷凍のまま食すことに。
 
き、切るの ・・・ が!・・・ ちと!・・・ 大変!!・・・ ふぅ。
 
 
お味は、凍った カスタードプリン、かな。
 
うまし。
 
 
 
           しかし。
 
           この感想は、まんまだな ・・・
 
           いつもながらに 食レポが下手で 申し訳ない。
 
           もっと うまく語らぁな、な ・・・ カタラーナだけに ( ̄▽ ̄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0001_3
 
ちなみに、解凍した方も、普通に プリンのようだった。
 
 
 
 
 *** 追記 - 3月17日 ***
 
「 カタラーナ 」 について、詳しく載っているサイトが ありましたので
 
リンクしておきます。
 

| | コメント (4)

«春の和菓子