« 節分 2010 | トップページ | 土higeさん’s きっちん vol.5 »

2010年2月 4日 (木)

しょうがシロップ

Img_0106  

今年、ショウガが かなり脚光を浴びてますわね。

身体を温める効果がある、と 言う事で

いきなり 主役に抜擢された 脇役さんみたいな感じで

ショウガにしてみたら

どうしていいか わからない状態かもしれない。

 

     あがってしまって 顔が真っ赤。

     ボーっとして

     冷や汗が タラタラ ・・・ 。

     心なしか 熱っぽくなってきたような ・・・ ?

 

そんなショウガくんだったら

ますます 身体を温める効果が 高いかもですね

 

 

 

以前、記事にもアップしました が ショウガ湯って ありますでしょ。

 

ショウガをおろして お湯を注して 好みの量の甘みを加える。

 

そのショウガを まめにおろすのが 面倒だったりするので

どうせ甘みを加えるなら

その甘みの中に ショウガを漬けこんでしまえ~ てな発想 なのです。

 

ガラス瓶に漬けても よかったのだけど

取り出す時に ダラダラと液だれするのが イヤだったので

市販のハチミツのボトルに 入れてみました。

これだと 好みの量 注げますもん。

 

中のシロップは 実は オリゴ糖。

お正月に 土hige母に もらってきたものです。

 

 

これのいい点は もうひとつ。

台所の見える場所に置いてあるのですが

例えば 卵焼きに甘みを入れる時、

これを 卵液の中に加えてしまう。

 

そうやって 少しずつ使えば

知らず知らずのうちに ショウガを摂ってることになりませんか?

 

 

ポイントは あまり大量に作らないこと。

何でも 新鮮なうちに 頂きたいものですからね。

 

そして

使い切った後のショウガは

お料理に使ってもいいし、

ひょっとして そのまま食べても美味しいかも?

 

これは まだやっていないので

そのうち ご報告致します。

| |

« 節分 2010 | トップページ | 土higeさん’s きっちん vol.5 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

寒い日が続いています、北海道も。
こんな日は、生姜湯好いですね~
これから私もいただきますです。。。

投稿: れいこ | 2010年2月 4日 (木) 21:03

>れいこさま
 
こんばんは
 
まだ数日は 寒さが続くようですね。
来週には 暖かい日が戻ってくるようですよ。
 
ショウガ湯は この時季ホントに嬉しい飲み物ですよね。
 
しかし、このシロップを使って作ると
ちょと甘いのが難点
ショウガを たっくさん入れないと
甘みの方が勝ってしまうのでした。

投稿: 花mame | 2010年2月 4日 (木) 22:42

この時期体が冷えて冷えてしかたなくて、ショウガものをよく摂ります。
生姜紅茶を作る時に、生のショウガをおろすのは面倒くさいし、かといってチューブもちょっとねぇ、と思っていたので、このタイプはもってこい!と思ったのですよ。
やってみます~。

投稿: 睡蓮 | 2010年2月10日 (水) 19:16

>睡蓮さま
 
同じく冷え症なので
出来るだけ ショウガなど身体の温まるものは
摂りたいと思っているのです。
 
今回のしょうがシロップは
ちょっとアップが早すぎたかなぁ と思っているのです。
と 言いますのも
ショウガとシロップの割合が イマイチつかめていないのです。
今回のは ちょっと甘かった
割合としては ショウガが売っているパックの半分程 ( 50g位 ) と
シロップが 200cc弱だと思うのです。
煮だした方がよかったかと思ったりしています。
 
今、こんなレシピを見つけました。
こちらを参考に 作ってみられるといいかもしれません。
 
http://www.kyounoryouri.jp/index.php?flow=recipe_detail&rid=2999

投稿: 花mame | 2010年2月12日 (金) 00:17

わぁ~(*´∇`*)
わざわざ参考のサイトを見つけてくださってありがとうございます^^
来週、ショウガの産地へ行ってきますから早速試してみます~。
ありがとうございました!!!

投稿: 睡蓮 | 2010年2月15日 (月) 11:21

>睡蓮さま
 
いっぱいいっぱい ありがとうございました!!
 
おぉ!
しょうがの産地へいらっしゃるのですね!
それは 是非試してみてくださいませ。
そして 感想などお聞かせくだされば嬉しいです♪

投稿: 花mame | 2010年2月16日 (火) 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 節分 2010 | トップページ | 土higeさん’s きっちん vol.5 »