« 機関車サブレ | トップページ | 冬限定カフェ »

2017年4月13日 (木)

稚内にて

P10901042
 
本館との リンク記事。
 
1月、まだ土higeさんが いた時に、稚内まで行ってみた。
 
 
稚内は港町なので、海鮮が美味しいに違いない、と思ったのだけれど
 
色々な事情が重なり、着いたのが 14時過ぎ。
 
普通の お食事処は、ランチタイムを終えている時間。
 
 
いつものように、観光案内で聞くと、
 
ここだけは休憩時間なしに やっているから、と 勧められ来たのだが。
 
 
 
 
だけど そこは、事前に 土higeさんが調べて、
 
お昼は是非ここで、と 食いついていた所なのだけれど
 
すぐに、行く日には 「 休業日 」 だと知って 諦めていた所なのだった。
 
 
 
 
でもね、観光案内で紹介してくれたんだから
 
ひょっとしたら やってるかもよ?
 
 
 
 
なんて、一縷の望みを持って行ったけれど、やっぱり休み。
 
 
そりゃそうだ、
 
水産加工場に 隣接しているとのこと、
 
市場とか 工場って、日曜日は 休みだもん fish
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0007
 
休みでなければ、こんな豪華なランチだったはずなんだ。
 
あ、お店の名前は 「 うろこ亭 」 と言います。
 
画像は、北海道情報誌 「 HO ( ほ ) 」 の 「 うろこ亭 」 記事から。
 
 
 
 
まぁ、これも 行きあ旅ばっ旅の、ある意味 醍醐味。
 
これを宿題として、また行くことにしよう。
 
 
 
で、すきっ腹を抱えて 寒い中、食事処を探して 歩く 歩く ・・・ 。
 
 
 
あぁ、日本の最北端の街で 冷たい風の吹く中、空腹で 歩き続けると
 
きっと 凍えて 永久に眠ってしまう ・・・ 。
 
そして、何百年か何千年か経った時に マンモスのように掘り出されるのだ。
 
 
 
 
 
いや、その前に 警察沙汰だな ・・・ 。
 
そして、新聞沙汰だ。
 
 
 
 
ラッキーなことに、そうなる前に
 
ひとつの建物の中に、
 
小さな食堂 「 おむすび島 」 と言う場所を見つけることが出来た。
 
よかった よかった。
 
 
 
そこで 遅い昼食。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P10901062
 
食べたのは、花mameが 醤油ラーメン。
 
チャーシューが 2枚乗っかっていて、なかなか美味しいラーメンだった。
 
けど、後で調べてみたら、「 塩ラーメン 」 が 人気だったのだそうで。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P10901072
 
土higeさんが注文した、ホタテカレー。
 
うん、海の香りのする 地元のカレーって感じで いいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P10901192
 
こちら、お帰りの列車の中で 食した駅弁。
 
「 最北端 稚内味比べ 」 。
 
 
 
何を比べているのか、と言うと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P10901202
 
こちら。
 
中身は、左から、味付け たこご飯、
 
ホッケのフライ、卵焼き、ごま昆布 ( 佃煮 ) 、おおなごの蒲焼、
 
味付け ほたてご飯、桜漬。
 
 
港町稚内らしい海鮮が比べられている。
 
 
 
ケ○ミンショーで 全国区になったと言っても過言ではない、
 
「 ホッケのフライ 」 よりも 存在感を醸している、
 
「 おおなごの蒲焼 」 が えらく気になった。
 
 
 
 
 
まずは、「 おおなご 」 とは 何ぞや?から始めよう。
 
ちと ググってみた。
 
 
 
一般的には 「 いかなご 」 と言われているものなんだって。
 
それなら 知っている。
 
兵庫あたりの 「 いかなごの釘煮 」 って 有名だもんね。
 
 
 
小さいほど価値が高いものらしいのだけれど
 
稚内近辺では 地形的なこともあって、
 
プランクトンが豊富で 栄養たっぷりだし
 
強い潮の流れの中で育つと言うから
 
きっと 身が締まって 美味しく大きくなるのだろうなぁ。
 
 
 
成魚になった 「 いかなご 」 を 稚内あたりでは 「 おおなご 」 と呼ぶのだそう。
 
たくさん獲れるのだそうだけど、その多くは 養殖魚の餌なのだとか。
 
漁期は 夏場中心。
 
 
でも、栄養価などを見ると 食べない手はない、と思ったんだろうね。
 
稚内、宗谷あたりの ご当地グルメとして 開発されているのだそうだよ。
 
 
 
料理法としては、
 
鮮度がよければ 刺身、昆布締めも いいし、干物も いいのだとか。
 
今回は 蒲焼だったけれど、これも料理法としては良い。
 
魚醤も 作られているのだとか。
 
うわぁ、多彩じゃないですか。
 
 
 
人間の飽くなき食に対する 執着心、否、研究心、素晴らしい。
 
 
 
で、蒲焼だけれど、何と言うか、
 
ちょっと モサッとした感じがしたのは
 
冬場のことゆえ、冷凍物か何か だったせいかしら。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P10901222
 
うは、ボケボケ (;´▽`A``
 
駅弁を買った後に コンビニで見つけたので デザート用にGET.。
 
 
 
 
「 いよかん のむヨーグルト 」 なのに、
 
よく見るとね、カップの下の方に
 
「 みかん いよかん なつみかん 」 とある。
 
 
 
なんだ、いよかん100% じゃないんだ。
 
この3つの柑橘の中で、
 
なぜに 2番目に書かれている 「 いよかん 」 が
 
看板とも言える 名前に選ばれたのだろうかなぁ。
 

|

« 機関車サブレ | トップページ | 冬限定カフェ »

外ごはん」カテゴリの記事

旅の食」カテゴリの記事

コメント

北海道はどこでも美味しいものがあるイメージです。
ラーメンも駅弁も美味しいでしょうね。happy01
いよかんヨーグルトなのに2番目・・・謎ですね。
インパクトがあるからでしょうか?

投稿: 桃太郎 | 2017年4月13日 (木) 21:52

>桃太郎さま
 
そうですね~観光と食が 北海道のテーマですものね。
でも、きっと どこの地域でも、美味しいものは たくさんありますよね (*^ー゚)b
 
ラーメンも駅弁も 美味しかったですが
駅弁には、大根の桜漬しか、お野菜がなかったのです。
まぁ、お野菜は 海鮮ではないので 仕方なしと致しましょうかね ( ´艸`)プププ
 
いよかん・・・う~ん、不思議ですよね。
やっぱりインパクトでしょうかね。
「みかん、いよかん、なつみかん」と言うリズムは いいですよね♪
 
いつも ありがとうございます heart

投稿: 花mame | 2017年4月14日 (金) 11:04

わ~!!
目的のランチ、食べれなかったんだ~!!
残念!!

投稿: ソングバード | 2017年4月18日 (火) 08:15

花mameさん、こんにちは。
稚内のご案内、行った事が無いので、初めて知る事ばかりです。
そちらからですと、JRでどれ位の時間で行かれるのかしら?
本館も拝見させて頂きました。
海の向こうに国境があるのですね。
駅弁も美味しそうですね~
道内に住んでいても、なかなか行けるチャンスが無いです。
少しずつ春ですが、なかなか気候が安定しないですね。

投稿: いくこ | 2017年4月18日 (火) 15:36

>ソングバードさま
 
そうなんですよ~ (;´▽`A``
リサーチ不足でした。
また今度行きましたら リポートさせて頂きますね (*^ー゚)b
 
こちらにもコメントを ありがとうございましたheart

投稿: 花mame | 2017年4月20日 (木) 11:20

>いくこさま
 
こんにちは♪
 
稚内へは 行かれたことがありませんでしたか。
遠いですものね、同じ道北でも なかなか行ける場所ではありませんもの。
 
えーと、時間は確か 3時間程ですが
今回は トラブルがあったので、さらに時間がかかりました。
いや~遠かったです (;´▽`A``
 
本館も ご覧頂き ありがとうございます♡
そうですね~海の向こうはサハリンです。
この時は見かけませんでしたが、ロシアの方も結構いらっしゃるようです。
船乗りさんかな。
 
当地は今日も 朝には雪がチラついた程 寒い日になっています。
3月や4月上旬の方が むしろ暖かかったような?
気温差が激しいですから、どうぞ体調など崩されませんように heart
 
いつも ありがとうございます heart01

投稿: 花mame | 2017年4月20日 (木) 11:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 機関車サブレ | トップページ | 冬限定カフェ »