日記・コラム・つぶやき

2018年2月11日 (日)

昨年末から お正月までの食

Rimg0013
 
流行を追うことの少ない 花mameが
 
乗ってしまった 今シーズンの流行は
 
青いセーターと、2度の風邪 ・・・。
 
 
 
と言うわけで、1月にアップするはずの記事が
 
2月に 丸ごと移って来たと言う次第。
 
 
 
上の画像は、12月の冬至の食卓。
 
今回は ちゃんと、カボチャも 小豆も 一から炊いた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0018
 
土higeさんが、肉祭りを 開催。
 
何の日でも なかったけれど、ちょっと豪華な ステーキの夜。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0019
 
花mameにしたら、上手に焼けた♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg002002
 
デザートには、アフォガード。
 
 
 
秋から冬にかけての コーヒー豆は、深煎りが 増えて来る。
 
この深煎りのコーヒーには、スイーツが よく合うのだ。
 
なので、バニラアイスに 熱々コーヒーをかけて 頂く。
 
うまし
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

続きを読む "昨年末から お正月までの食"

| | | コメント (6)

2018年1月19日 (金)

青菜は遠いが ・・・

Rimg0009
 
珍しく、リアルタイムで 今夜の食を。
 
やはり ビジュアルが地味だけれど、
 
野菜は取らねばね、と 言うことでね。
 
 
 
 
土higeさんが、出先で買って来た 巨大なトマトに、
 
肉じゃがに見えるものは、菊芋と人参、シメジの煮物、
 
来客の手土産の、千枚漬け ( 野菜には違いない )。
 
それにしても、トマトの器が 小さ過ぎた ・・・
 
                    いや、トマトが デカ過ぎた?
 
 
 
タンパク質は、豆腐と、友人の手土産の 氷下魚の丸干し。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0003
 
お正月に買った柚子の皮は 冷凍しておいて、
 
こんなトッピングに使っている。
 
いかの塩辛にも、刻んで入れると 美味しいのだよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0010
 
これが、「 氷の下の魚 」 と書いて、「 コマイ 」。
 
身が ホロホロと骨から外れて、ことの他 食べやすいのだ。
 
 
 
こぉんな 魚、否、肴が あるのだもの。
 
これは、日本酒で行くしかないっしょ
 
ちょうど良いことに、我が家には
 
旭川は高砂酒造の 純米酒やら
 
増毛は国稀酒造の にごり酒がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0002
 
もうひとつ、魚料理を。
 
こちらは 昨年の春に 土higeさんの弟から もらった、ワカサギ。
 
水と一緒に ジッパー付きの袋に入れて冷凍すると
 
乾くこともなく、長いこと保存出来るのだ。
 
 
 
そのワカサギで作った、南蛮漬け。
 
我ながら うまし!
 
やっぱり、酒が進むんでないかい?

| | | コメント (6)

2018年1月 1日 (月)

迎 食

Rimg0025
 
あけまして おめでとうございます。
 
 
 
昨年は たくさんのご来店を頂き、ありがとうございました。
 
今年も変わらないご愛顧を、どうぞ よろしく お願い申し上げます。
 
 
 
このお正月は、土higeさんの仕事の都合で
 
東京で過ごしています。
 
なので、久々( と言うか、10年以上ぶり? ) に
 
一から十まで、一人で おせちを作りまして。
 
とは言え、画像のような 簡単なもの。
 
それでも 大変だったなぁ・・・ 世のお母さんたちは スゴイなぁ。
 
 
 
今年も、美味しいものを食べることは もちろん、
 
美味しいものを より多く作れるようにしたいもの。
 
 
 
 
さぁ、迎え撃つぞ!食! 
 
 
 
皆さんも、美味しい年に して行きましょう

| | | コメント (12)

2017年12月24日 (日)

メリー ☆ クリ酢飯

Rimg0026_2
 
クリスマス・イヴも、もう あと1時間程。
 
皆様は それぞれに
 
それぞれのクリスマスイヴを 過ごしていることでしょう。
 
 
 
今年の我が家のクリスマス・イヴ ディナーは
 
画像の通り。
 
 
夕方まで出かけていて、帰って来てから 速攻作った割には
 
よく出来ているんじゃないかと 悦に入っている。
 
 
 
 
メインは、骨付き鶏のグリルだったけれども
 
目玉は何と言っても、手前の 「 酢飯 ・ ど ・ のえる 」。
 
 
 
クリスマスに、「 ご飯料理 」 だって いいじゃないか。
 
例え、芯にシイタケのピリ辛煮を入れた 逆巻きの お寿司だって
 
まわりに 胡麻が まぶしてあったって
 
イチゴの代わりに 梅干しだって
 
そう!誰が何と言おうと! ( ´艸`)プププ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0027_2
 
でも 乾杯は、
 
オーストラリアの スパークリングワイン。
 
お安かったけど、うまし。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0022_2
 
お花も飾ってみた。
 
これ、何と 200円 ・・・ ( ̄▽ ̄)
 
 
時間も お金も そんなに かけなかったけれど
 
大満足のディナーだった

| | | コメント (8)

2017年11月 3日 (金)

ハロウィンディナーと ・・・

Rimg0193

10月26日のこと だった。

北海道の伯父から、恒例の 秋のご挨拶が 送られて来た。

 

今年は、十勝の 「 村上農場 」 と言う所の、

ジャガイモ4種と 栗カボチャ だった。

ジャガイモの食べ比べが出来るのは 楽しいことだな。

 

 

 

 

 

Rimg0196

これが、その 栗カボチャ。

立派、立派!

 

その カボチャを使って、

 

 

 

 

 

Rimg0197

ハロウィンディナー。

 

材料は、普段使いのもの ばかり。

サラダに、鶏肉のソテー、

そして、カボチャを少し混ぜ込んだ ご飯は、カボチャのオバケ風に。

 

 

 

 

 

Rimg0198

カボチャスープも いつもの通りだけれど、

海苔で、ハロウィン風に お飾り。

下描きなしで切るのは、難しいもので ・・・

土higeさんに、「 こんなコウモリもいるよ 」 と なぐさめられた (*´Д`*)

 

 

 

 

 

Rimg0199

ハロウィン用に 売っていたワイン。

確か、ブルガリアのもの だったけれど

しっかりした味わいで 意外と イケた

 

 

 

 

 

Rimg0200

地元のお菓子屋さんの ハロウィンスイーツ 「 カボチャプリン 」 。

 

この日のディナー、そんなに量は多くないのに、お腹いっぱい。

まぁ、イベント食ですから・・・ 程度に作ったのだけど

侮れないなぁ。

 

 

 

 

 

続きを読む "ハロウィンディナーと ・・・"

| | | コメント (2)

2017年10月31日 (火)

HAPPY HALLOWEEN

Rimg0185
 
今年も、ハロウィンが やって来た♪
 
我が家では 毎年、ハロウィンおばけを 作っているのだけど
 
カボチャではなく、「 柿 」 が 材料。
 
 
 
それに、適当な紙を マジックで黒く塗り、
 
目と口を 両面テープで付け、今年は更に 帽子も作ってみた。
 
「 適当な紙 」 とは、裏が白い 新聞の折り込み広告 ( ´艸`)プププ
 
本当に、適当な紙だ。
 
 
 
頭だけでは ちと寂しいので、
 
手作りの器を ボディに、
 
ハロウィンのお菓子に付いていた リボンも飾って。
 
 
 
支出は、柿の代金だけ。
 
今年は 10月初めに来客があったので、その頃から 飾られている。
 
実のところ、画像の柿は 3代目だ (*^▽^*)
 
 
 
初代と 2代目は ・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0186
 
こんなふうに、美味しく頂いた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0173
 
ちょっと前に、土higeさんが買って来てくれたスイーツが
 
ハロウィンの 「 かぼちゃと紫いものパフェ 」 だった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg0174
 
中身は こんなふう。
 
かぼちゃと紫いものクリーム、生クリームの下には
 
カスタードムースと言うか プリンのようなものが。
 
黒いクッキー (ブラウニー?) が
 
色的にも 味的にも 良いアクセントだった。
 
 
 
本格的には、
 
今夜のディナーで 何かを作ろうかと思っているけれど。
 
果たして、ハロウィン仕様の食卓に なるかな~ はてさて。

| | | コメント (8)

2017年10月30日 (月)

2017年 春 ・ 帰京旅の食 ~ 札幌 → 岩手盛岡 ~

Rimg0178

前回は旅の記事を お休みしたけれど、今日は 春の旅日記の続きを。

 

画像は、

札幌から新函館北斗へ向かう 特急の中に持ち込んだ 飲み物たち。

取り立てて 珍しいものはないけれど・・・

 

 

 

 

 

Rimg0179

ミネラルウォーターは、泊まったグランドホテルからの頂き物。

蓋の部分に フィルムがしてあるものは初めてだなぁ。

 

 

 

 

 

Rimg0181  

さくらアイスクリーム。

特急の中で買い求めたもの。

桜葉が入っていて、塩気と桜の香り、もちろん アイスの桜色も

十分に楽しんだ。

 

 

 

 

 

 

Rimg0182

さて、お楽しみの お弁当だ♪

 

「 やまべ鮭寿司 」。

 

 

 

 

 

Rimg0183

そして、「 北海道の味 SL弁当 」。

「 C11 171 」 号は、冬の湿原号牽引車として 有名。

 

 

 

 

 

Rimg0185

さて、お弁当の中身だ。

「 やまべ鮭寿司 」 の方は こんなふう。

やまべの方の魚が少し 固かったような記憶がある。

何にしても、こう言う お弁当は大好きなので 美味しく頂いた。

 

 

 

 

 

Rimg0184

「 SL弁当 」 は豪華だ。

手前の巻き寿司は多分、動輪を表しているんだな。

「 C 」 だから3つ、と言うことなんだろうなぁ、さすがだ。

 

箱の裏にも、蓋裏にも、SLについてのことが たくさん書かれている。

ファンには たまらんお弁当だヽ(´▽`)/

 

 

 

車窓と お弁当を堪能しているうちに、新函館北斗に着き、

北海道新幹線に乗り換える

 

 

着いた先は、1年半ぶりの 「 盛岡 」。

 

ささ、夕食へ GO

 

 

 

 

 

Rimg0229

やはり、盛岡と言えば「 焼肉 」 でしょう。

と言うことで、この日 お邪魔したのは

ホテルから程近い場所にあった 「 食道苑 」 と言う お店。

 

 

 

 

 

Rimg0230

何だかんだと お肉を たくさん頼む。

 

 

 

 

 

Rimg0231

ここの お店独自なのか、盛岡の焼肉全般に そうなのか、

すき焼きのように、生卵に付けて食すのだ。

これ、結構うまし!よ。

 

 

 

 

 

Rimg0232

お約束の冷麺。

このゴムのような麺が 好きなのだなぁ。

このあと、別に注文してあった キムチを加えて完食。

うましそよ~。

 

 

 

 

 

Rimg0233

うまうまを堪能した お店。

ご馳走様でした!!

 

 

 

 

 

続きを読む "2017年 春 ・ 帰京旅の食 ~ 札幌 → 岩手盛岡 ~"

| | | コメント (8)

2017年10月 5日 (木)

お月見

Rimg1267

お月見の夜なのに、お月見らしい食は 用意しなかった我が家。

お月様にも、お団子を供えることなく、

北海道名物 「 いもだんご 」 を お腹に収めてしまった。

 

別名 「 芋名月 」 とも言うし、

「 いもだんご 」 であっても、供えてあげれば良かったなぁ。

いもだんごを収めた お腹も 月見をしたと言うことで、

お月様には お許し願おう。

 

さて、画像のものは、先日 お迎えした お客様から頂いたもの。

白鷺宝 」 と言う 和菓子。

餡を ミルクなど 様々なフレーバーの衣で包んだ 一口サイズのお菓子。

 

その中に、

 

 

 

 

 

Rimg1268

こんな 可愛らしい一品が (◎´∀`)ノ

 

月に ウサギは欠かせない、と言うことで♪

| | | コメント (8)

2017年8月17日 (木)

ホームランソーセージ

Dsc_2564

今年、我が愛するファイターズは 投打に精彩を欠いて

なかなか 浮上出来ないでいるけれども

レアードが ホームランを量産してくれていて

何とか、ホームラン王争いに参戦してくれている。

 

あぁ、やっぱり 大谷と言う歯車を ひとつ欠くと

こうも チームがバランスを失ってしまうものなのかなぁ。

 

春先のWBCのせいもあるのか、

それとも、今年のチームスローガンのせいなのか ・・・。

 

    ちなみに、「 Fhighters 」 、「 Fan 」 の 「 F 」 と

           「 Ambitious 」 をプラスした 「 FAMBITIOUS 」 が スローガン。

 

今までを考えるに 横文字を使うと、どうも よろしくないのだよね ・・・

 

とは言え、昨日のゲームで

レアードが 通算100本塁打、抑えの増井投手が 100セーブ達成、と

悪いことばかりでも ないのだな。

最後まで ファイターズらしく、力を発揮してもらいたいと 思うのだ。

 

さて、そのファイターズの選手に ホームランが出ると

スポーツ中継をしている某局で、視聴者にプレゼントされるのが

画像の 「 ホームランソーセージ 」 。

 

もちろん、応募して当ったのではなく

今年の 我がイナカのスーパーで買った 福袋に入っていたもの。

 

お子が食べるに ちょうど良い、細くて 短めのもの。

お味は、ほら、日本ハム製なので 間違いは無いですわよ。

| | | コメント (8)

2017年8月10日 (木)

残暑お見舞い申し上げます

Rimg016002
 
立秋は過ぎたのに、お暑い日が続きますなぁ。
 
残暑 厳しい中、
 
皆さま、どうぞ ご自愛の程
 
 
 
 
 
さて、画像のシロモノ。
 
題して、「 なんちゃって ピーチ ・ メルバ 」 。
 
 
先日、「 グレーテルのかまど 」 を 見ていたら
 
「 ピーチ ・ メルバ 」 なる スイーツを ご紹介していた。
 
 
 
「 ピーチ 」 は、ご存知 「 桃 」 のこと、
 
「 メルバ 」 は、オーストラリアの歌姫の名前。
 
 
ロンドンの とあるホテルのシェフが、メルバ嬢の公演に 招待されたので、
 
そのお礼に、と 考案したもの なのだとか。
 
 
番組では、バニラアイス、桃のコンポート、フランボワーズソース、
 
金色の糸のような飴、を
 
すべて 手作りしていたけれど、
 
花mameは、ありもの プラス アオハタさんのジャムで 代用。
 
 
 
今は、桃の季節。
 
今年も 山梨の農家さんから 桃は購入済み。
 
これを コンポートではなく、フレッシュなまま 使う。
 
 
 
アイスクリームは、市販の バニラアイスを。
 
 
 
そして、フランボワーズソースは、アオハタさんの
 
文字通り、「 ピーチメルバ 」 と言う ジャムを使う。
 
 
 
金色の糸のような飴は 簡単には無理なので、
 
こちらは、ふりかけ用の金箔を 使うとしよう。
 
 
 
これを、
 
アイス、桃、ジャム、金箔、と 乗せて行くと
 
画像のスイーツの 出来上がり。
 
 
 
旬の桃は そのまま食べても 十分に美味しいものだけれど
 
たまに、こんなアレンジを加えるのも 一興かと思うわん。
 
 
 
もちろん、レシピに忠実に 作ってもいいし、
 
コンポートを 桃缶で代用しても
 
ジャムを フランボワーズにしても いいと思うなぁ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rimg016102
 
さて、こちらは
 
その夜に、土higeさんが 作ってくれた、ヨーグルト。
 
 
 
シリアルだの、ナッツだのと 様々加えて、ヨーグルトを流し込み
 
最後に、「 ピーチメルバ 」 ジャムをオン!
 
 
 
「 ピーチ・メルバ 」 な一日 だったなぁ♪
 

| | | コメント (4)